Harmony of the mind and the body

自然の力と本来潜在している人の力で心と体の調和を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

TOUYOKO PILATES

4月1日からTOUYOKO PILATESを始めました。
TOUYOKO PILATESホーム1A

「ピラティスをやりたいけど、自宅から出るのが大変でスタジオまで行けない」、「産後、リカバリー目的でピラティスを始めたいけど赤ちゃんがいて外に出れない」など、ご意見がある中で、今回、訪問ピラティス『TOUYOKO PILATES』をスタートしました。一番の目的は中高年者健常人の健康増進、介護予防です。
 
 昨今、医療財政が逼迫し、診療報酬の改定、患者負担額増の方向になりつつあります。医療は本当に必要な人に必要な医療を、病気や怪我が防げるのであれば防いでいくという変革が必要であると考えています。健康なうちに自分の身体のメンテナンスは自分で行っていかなければ、将来の医療財政の破綻も避けられません。若い方は今のうちから土台作りを、高齢者の方も元気に今の状態を保っていけるように一助できたらと思っています。  

 訪問ピラティスとは、ご自宅へ伺い、お客様だけの時間と空間でピラティスセッションを受ける事です。他の人の目線がない為、自分のペースで進める事ができます。

『TOUYOKO PILATES』は拠点である東横線でピラティスをという思いを込めて命名しました。東横線沿線だけではなく、日比谷線、みなとみらい線、目黒線、大井町線、田園都市線もご要望に合わせて対応していこうと思います。

どうぞ、宜しくお願い致します。


平成26年3月21日

TOUYOKO PILATES 代表 林 亮

スポンサーサイト
別窓 | Pilates | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

WSのお知らせ≪Arm Lineの機能解剖と ピラティスエクササイズへの応用≫

Arm Lineの機能解剖と ピラティスエクササイズへの応用

肩甲骨のアライメントや動きによっては肩関節や頸部の負担を増加させたりすることも少なくありません。また、肩甲帯が股関節に与える影響もあり、肩甲帯が整うことで股関節の状態も変化していきます。このアライメントや動きを学んだ上で肩凝り、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群、頸部痛に対するピラティスエクササイズを行っていきます。

Contents
Ⅰ.上肢、肩甲帯の解剖:上肢、肩甲帯の骨、関節、靱帯、筋を学びます。
Ⅱ.上肢、肩甲帯の運動学:上肢、肩甲帯の運動学を学びます。
Ⅲ.上肢、肩甲帯の病態:拇指腱鞘炎、肩凝り、肩関節周囲炎(いわゆる、五十肩)、胸郭出口症候群、頸部痛(片頭痛)、head forward
Ⅳ.上肢、肩甲帯の評価:パートナーの体を使って評価します。
Ⅴ.ピラティスへの応用:自分の体やパートナーの体を使って体験します。

講師:林 亮(理学療法士、POLESTAR PILATES Rehabilitationインストラクター)

日時:11月24日(日曜日) 14時~17時
対象者:インストラクター、バレエ教師、ダンサー、理学療法士など
場所:Wakana Studioまたは恵比寿駅周辺のスタジオを予定しております。
用意するもの:ウエア、リフレックスボール
講義代:7000円

お問い合わせ
受講を希望される方は、メールかお電話にてお申し込みの上、下記の指定口座へお振り込み下さい。 一度ご入金頂いた後の返金は致しかねますので、ご了承の上お振込をお願い致します。
TEL:03-6802-5140 mail:wakanameguro@hotmail.com
三菱東京UFJ銀行 東恵比寿支店 
普通 4657468 WAKANA STUDIO目黒若菜
別窓 | ボディワーク | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

WSのお知らせ≪胸郭、脊柱、骨盤の機能解剖と ピラティスエクササイズへの応用≫

胸郭、脊柱、骨盤の機能解剖と ピラティスエクササイズへの応用

胸郭、脊柱、骨盤のアライメントは上肢や下肢へ様々な影響を与えます。また、脊柱の分節的な動きが阻害されることで負担の掛かる部位が生じます。このアライメントや分節的な動きが与える影響を学んだ上で、側彎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群に対するピラティスエクササイズを行っていきます。

Contents
Ⅰ.胸郭、脊柱、骨盤の解剖:脊柱、胸郭、骨盤の骨、関節、靭帯、筋を学びます。
Ⅱ.胸郭、脊柱、骨盤の運動学:脊柱、胸郭、骨盤の運動学を学びます。
Ⅲ.脊柱・骨盤の病態:側彎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群について学びます。
Ⅳ.脊柱・骨盤の評価:パートナーの体を使って評価します。
Ⅴ.ピラティスへの応用:自分の体やパートナーの体を使って体験します。

講師:林 亮(理学療法士、POLESTAR PILATES Rehabilitationインストラクター)

日時:11月24日(日曜日) 10時~13時
対象者:インストラクター、バレエ教師、ダンサー、理学療法士など
場所:Wakana Studioまたは恵比寿駅周辺のスタジオを予定しております。
用意するもの:ウエア、フランクリンボール
講義代:7000円

お問い合わせ
受講を希望される方は、メールかお電話にてお申し込みの上、下記の指定口座へお振り込み下さい。 一度ご入金頂いた後の返金は致しかねますので、ご了承の上お振込をお願い致します。
TEL:03-6802-5140 mail:wakanameguro@hotmail.com
三菱東京UFJ銀行 東恵比寿支店 
普通 4657468 WAKANA STUDIO目黒若菜
別窓 | ボディワーク | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Alex Bohlander WS

POLESTAR PILATESのエデュケーターで理学療法士でもあるAlexのWS、様々な神経障害や疾患をもった対象者に向けた治療プランとピラティス指導法「神経系リハビリテーション」に参加してきました。

解剖から始まり、障害体験を行い、実際にピラティスでどう行っていくかを学びました。

自分たちで考え、モディフィケーションする過程がとても楽しかったです。

病院ではCVAの患者さんが多いので臨床で還元できたらと思います。

DSC04472.jpg

ありがとう、Alex!
別窓 | POLESTAR PILATES | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

お食い初め

お食い初め膳は鯛、お吸い物、赤飯があり、
流れとしては「ご飯、汁、ご飯、魚、ご飯、汁」を3セット、親族の最年長か祖母が行います。
DSC04419.jpg

じいじとばあばがお食い初めをやってくれました。
DSC04456.jpg

歯固めの石。
師岡熊野神社より拝借してきました。
DSC04436.jpg

大きく育ってね☆
別窓 | プライベート | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Harmony of the mind and the body | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。