Harmony of the mind and the body

自然の力と本来潜在している人の力で心と体の調和を目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

股関節の分離

種々の動作は股関節の屈曲時には腰椎の屈曲を伴い、股関節伸展時には腰椎の伸展を伴います。

そこで要求されるのが股関節の分離。

股関節の分離は腰椎への負担軽減だけではなく膝への負担も軽減します。

例えば、立ち上がり。

何気ない骨盤後傾位での殿部離床。

重心後方位の為、大腿四頭筋によるPF関節への圧縮応力は高まります。

膝関節屈曲位では膝蓋骨内外側面へ、伸展位では中央部へ負荷が掛ります。

骨盤後傾位での殿部離床時の膝屈曲位や階段昇降時の膝屈曲位は膝蓋骨への圧縮応力が高まります。

この習慣化した動作が膝蓋骨軟骨だけではなく大腿骨顆部をも削りSAは拡大して膝のOAは進行する事でしょう。

211155_179347632100655_785240_n.jpg

脊柱ニュートラルで股関節から骨盤前傾位での殿部離床が膝への負担軽減に繋がります。

股関節分離が苦手な人は股関節骨頭の前方偏位、筋では腸腰筋、股関節外旋筋、大腿直筋、ハムストリングスの種々の問題がありますのでコンディショニングが欠かせません。

学校では煙草は体に悪いだとかの教育はありますが、身体の使い方については全く何もないですね。

今後、整形分野での医療費削減の為にも、幼少からの教育分野にもPTが参入する必要があるのではないでしょうか。

先ずは体育座り撲滅からかな(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 理学療法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Pelvic Floor

久しぶりにCoreについてアップします。

今回はPilatesでもフォーカスする事が多い骨盤底筋群。

理学療法の学校では骨盤底筋群を学ぶ事は皆無に等しいですね。

学生時代では解剖だけではなく疾患の事や福祉用具、医療制度など学ぶことが多く、一つ一つ深く学べる環境ではないことは確かではあります。

多くの事を学ぶ理由として理学療法士は患者の生命・生活・人生を捉えてアプローチする必要があるからです。

本当に素晴らしい職種だと思います。

しかしながら事細かに学習し理学療法士として成長していく為には個人レベルでの研鑚にかかっています。

私もまだまだ学ぶことが多いので調べて勉強できた事をシェアしていきたいと思い今回は骨盤底筋群についてアップします。


Pelvic Floor(骨盤底筋群)の研究と機能

下図は女性の骨盤底筋群です。中央の輪状の筋が上から球海綿体筋、外肛門括約筋、恥骨から坐骨に沿って走っているのが坐骨海綿体筋、坐骨結節から中央に走っているものが浅会陰横筋、上方半分を筋線維が横に走っているものが深会陰横筋です。
骨盤底筋1

下図は括約筋と尿生殖隔膜と取り除いた骨盤底筋群です。坐骨棘から仙骨尖、尾骨についているものが尾骨筋、Uの字に走行している筋が肛門挙筋で内側から恥骨腸骨筋、恥骨尾骨筋、腸骨尾骨筋です。中央を横断している線維が恥骨直腸筋から分束した直腸前線維です。これは結合組織と平滑筋が絡み合い会陰の線維筋網を形成しています。
骨盤底筋7


尿生殖筋群は男性と女性と異なります。

先ず、男性ですが球海綿体筋、坐骨海綿体筋、浅会陰横筋、深会陰横筋、尿道括約筋からなります。

球海綿体筋は尿道球及び尿道海綿体の根部を後面から覆って、3層からなります。最表層は(尿道)球中隔から起こって陰茎海綿体の外側面につき、中間層は会陰腱中心から起こって陰茎海綿体につき、最深層は尿道球の後部を囲む平たい輪状の線維で陰茎筋膜に終わります。

坐骨海綿体筋は坐骨下枝から起こり陰茎脚を覆い陰茎海綿体につきます。

浅会陰横筋は発達の弱い小さな筋で坐骨下枝または坐骨結節から起こり会陰腱中心に向かって走り、外肛門括約筋と球海綿体筋の間の縫線、球海綿体筋間の正中線上の中隔などにつきます。

深会陰横筋は浅会陰横筋よりも深部にあって、坐骨下枝及び恥骨下枝の結合部から起こり、正中部で左右が合します。さらに、尿道括約筋とともに上下から尿生殖隔膜筋膜に包まれ、尿道に貫かれる三角形の線維状筋性の尿生殖隔膜をつくり骨盤出口の前部を閉ざし、ここには尿道球腺があります。

尿道括約筋は尿生殖隔膜の一部をい形成し輪状線維からでき尿道の隔膜部及び前立腺部の周囲を取り囲みます。


女性は球海綿体筋、坐骨海綿体筋、浅会陰横筋、深会陰横筋、尿道括約筋からなります。

球海綿体筋は膣前庭と肛門との間(会陰腱中心)から起こり、前庭球及び大前庭腺を覆い陰核下面に達します。

坐骨海綿体筋は男性に比べて小さく、坐骨下枝・陰核海綿体外側面から起こり陰核背面の白膜に達します。

浅会陰横筋は男性とほぼ同様であるが、女性では球海綿体筋に移行する筋線維をみることがまれではありません。

深会陰横筋は男性とほぼ同じ経過をとり、尿道・腟に貫かれています。一部、平滑筋からなりますが、その発達程度、走行には個人差が著しいようです。

尿道括約筋は腟及び尿道を囲み、これらを圧迫します。


肛門筋群は肛門挙筋、尾骨筋、外肛門括約筋からなります。

肛門挙筋は恥骨結合と坐骨棘の間の肛門挙筋腱弓及び恥骨上枝から起こり、漏斗状の筋板を作り先端は肛門を囲み、一部は尾骨に付着します。
女性では一部が腟の縦走筋と結合します。

尾骨筋は肛門挙筋の一部と見なすべきもので、その後方を補足する。坐骨棘から起こり、仙骨尖及び尾骨につきます。
なお、直腸尾骨筋は第2〜第3尾椎から直腸に張る薄い板状の平滑筋です。

外肛門括約筋は随意性の肛門閉鎖筋で肛門の周囲にあります。
そのうち、深層のものは肛門を輪状に取り巻き内肛門括約筋と連続し、浅層のものは肛門の両側を弓状に前後に走り肛門の前後で交叉しています。
この際、前部は会陰腱中心(外肛門括約筋の浅層とその下の球海綿体筋との間にある結合組織性中隔)あるいは皮膚につきます。
また、後部は皮膚、肛門尾骨靱帯、尾骨の先端などにつきます。


骨盤底筋群は遅筋線維が67~76%を占めます。(Gilpin SA et al 1989)遅筋線維が多いということで、安静時にも持続的な収縮が認められます。(Deindl FM et al 1993)また、通常呼吸において吸気と呼気のどちらの相でも持続的な収縮が確認されています。(Hodges PW et al 2006)

骨盤底筋群の軽度の収縮では腰椎の肢位によらず、腹横筋の選択的収縮が可能であり、アウターユニットからの分離を得やすく、最大収縮時は腰椎中間位では腹横筋、屈曲位では外腹斜筋の筋活動が優位に増加します。(Sapsford R 2004)

上肢挙上時の腹横筋、横隔膜、多裂筋の先行的筋活動は一般的に知られているが、恥骨尾骨筋でも同様の筋活動パターンが生じます。(Richardson C et al 2002)同様に立位にて肩屈曲の際、肛門及び腟部分の両方で主動作筋に先行した活動が認められます。(Hodges&Sapsford 2002) 

骨盤底筋群の中でも尾骨筋、肛門挙筋の深層筋群は仙腸関節の前方を走行しており、その収縮により仙腸関節の剛性を高めるとともに、 Counter nutationを生じさせ、多裂筋と協調して仙腸関節を制御しています。
腹圧上昇を伴う力み動作などを繰り返し、骨盤底筋群の過緊張を生じているケースでは、仙骨の過剰な後傾によって仙腸関節痛の原因になっていることもあります。(Pool-Goudzwaard A et al 2004)また、大腿骨が固定されている場合、筋膜の連結がある内閉鎖筋とともに骨盤を後傾方向へ促す作用がありそのようなケースでは股関節屈曲制限がみられます。(Myers T 2004,2008)

骨盤底筋群は、腹圧の不均等により、骨盤底筋群に必要とされる収縮力は異なってきます。(Rock 1999)咳・くしゃみなどで腹腔内圧が急激に上昇するのに先行して活動することにより腹圧性尿失禁を防いでいます。(Sapsford R 2001)研究でも17-45歳の腰痛者女性の78%に失禁を認められています。(K Eliason et al 2007)

研究結果をもとにアプローチに使えたりします。

ただ臨床では骨盤底筋群の触察は難しいですね。

私は尾骨あたりで触察しています。

骨盤底筋群は腹横筋との筋膜の連結があるので腹横筋あたりの触察もいいかもしれません。

次回は多裂筋をアップしたいと思います。
別窓 | 理学療法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ある新人理学療法士の被災地からの報告

東日本大震災リハネットワーク~FACE TO FACE~のブログより

彼女の存在を知ったのは震災後に必死に被災地の情報を得ようと奮闘していたときに始めたtwitterでした。ものすごい勢いで被災地を飛び回っている理学療法士がいる。誰だこの子は?当初、仲間内でも話題になりtwitter上でも注目度が違う。どうやら新人のようだ・・えっ!!絶句。有り得ない。社会人経験があるとか何か特別なキャリアがあるのでは?いや全くの新人らしい・・・点々点。その呟きや既に新人の域を超えいてる。石川遼君のコメントがとても10代のものとは思えないように、彼女の中から放たれるメッセージは魂がこもっている。響いてくるのです。その後twitterを遡ってみてみると、そこには壮絶な体験が綴られていた。いつしか、注目は興味へそして新人ながらrespectの念が湧いてくる。彼女だからできたのか?いや壮絶な状況がそうさせたのか?事実はここにある。6月5日の報告会には残念ながら来れないが、手記としてまとめていただいたのでここに掲載する。五日の日にもこの手記を紹介する予定だ。揺さぶれ魂を!!PT山本


Twitter 千夏 @cocoro0608

3月11日・・・国家試験が終わり1人で東京に上京しました。希望に満ちて1人での生活に明日から出発だとワクワクしていた瞬間・・・
今まで体験した事がない揺れ・・・地震だ!

自転車に乗っていてコケてしまい軽い怪我のせいかパニクってしまった自分が今思い出せば冷静に動く事の大事さを教えられました。
直ぐに側にあったコンビニでガーゼ、包帯、ペットボトル飲料、持てるだけ購入して止血。

ツイッターと言う便利な通信網がその時は間違った情報などで何が正しいか判断出来なかった。
そんな時に私のツイードを読んだ偶然にもドイツから帰国していた先生が反応してくれ駆けつけてくれました。 本当に嬉しかった!
家族が泊まっているホテルまで歩いて一緒に行き御世話になる時に
その先生は、緊急依頼を受けて自分の病院でもないのに数人の看護師を連れ被災地に行かれた。 
その行動力が 今の私の始まりだったんだと思います。
先生の知ってる病院のスタッフと連絡を取り持てるだけの医薬品の準備と医療に必要なモノを手配して 3月14日には南三陸に入った。
移動ルートはボランティア参加された事のある方はご存知だと思います。交代の運転・・・景色が変わり出し言葉が無くなりだした。
空爆?何?ここから先は日本ではなかった。まさに・・・地獄です。
大きな避難所には直ぐに支援が来る、他にまだ逃げてる人達が居るんだと探し回り先に行かれていた先生と看護師と合流。

しかし、次の瞬間・・・隣の建物の中を覗いたら横たわる遺体が置いてある。まだ、身内が分からない遺体だ・・・
濡れて汚れてる。 寒い中、ずぶ寝れのままでガタガタと震えながら宙をみてるおばあちゃん、お母さんと泣き叫ぶ子供、みんな何が起きたのか理解できていなかった。  その時の状態はその場に居なければ感じられないのだと思います。どんなに伝えてもその場に居ないとね。

緊張した筋肉は簡単には解れません。病気とかでは無く恐怖で筋肉がカチカチになりガクガクと震えています。
背中を摩りながら寒さか何だか分からない震えを少しでも取ってあげたかった・・・
落着いて座る事が出来なくて杖さえ流されて歩けない電気も水道さえ、ましてや食べ物もない。津波に飲み込まれた人達はずぶ濡れのまま。とにかく怪我人の手当てをしながら自分でも涙と作り笑顔をひきつりながら作ってた。消毒してる横で3~4歳の子供が親を探してる泣き叫びながら・・・親なら気が付くけど・・・親は現れなかった。
車から飴玉を袋ごと持って来てお口に入れると・・・泣き止んでくれた。 どうする・・・笑顔が無い。大人でさえ怖いのに子供はどんな気持ちなのでしょう~余震が何度も何度も襲ってくる!
夜になると光が無い携帯も電池を気にして1人1人が自粛しだした。
その脇では、亡くなられた遺体が運び入れられる。
汚れたままで眠ってるみたいです。

タオルで顔などの汚れを落として特徴を紙に記入していく・・・
知らない内に涙でぐしゃぐしゃになりながらも1体1体汚れを落とす。
3~4日毎日遺体安置所に若いお母さんが見に来るので尋ねると
3ヶ月の子供を流されたと、毎日探しに来てる。マイッタ・・・
最悪にも小さなタオルに包まれた遺体・・・毎日来ていたお母さんの子供でした。 眠っているみたいに口が半分開いてましたが口の中にゴミが入っている・・・これが津波に連れ去られた結果なんです。
泣き叫ぶ声が耳から離れません。2日後お母さんが挨拶に来られました胸に抱かれた入れ物「骨ツボ」ですが、病院で要らなくなったビンです。 御世話になりましたとご挨拶に来ていただけ 私や、先生、看護師の皆でその遺骨を黙って抱きしめました。何故?何故?
腕が無くなってる遺体、モノの押し潰された遺体、肉を削がれたような遺体・・・・それでも、見つけられず番号で埋葬されていくんです。

夜は杖が無い方の身体や歩行を診て 資格は無かったが知識は持っている。 こんな時に処方箋とかくそ喰らえだ!
目の前に身体の不調を訴えているのに・・・しかし、喜んで頂けた。
そして、私の背中を支えて自信を持たせてくれた先生「君は出来るんだよ。大丈夫だ!」この一言は大きな自信となった。
寝る暇なんて無い、お風呂なんて無い。寝る暇があったら子供の笑顔を取り戻す事を考えた。
入り口に置いてあるヘルメット5個にマジックで落書き!戦隊者のヘルメット完成! ダンボールに紙芝居を描いた!先生やスタッフには大好評でしたが・・・翌日のお昼に紙芝居をやりましたが大盛況でした! こんな事でも大事なんだと思います。
ベッドに寝てる人だけが患者ではないんだと。
心のケアも大事なんだと・・・

療法士って何だろうと 今回は考えました。
勿論、病院の中、施設、通所、介護・・色々とあります。
しかし、誰が今回の様な大震災を考えていたでしょう?
マニュアルなんて何にもならない、医師の処方とか待っていたら手遅れなんだと。  私が今回動いた事は賛否あると思います。
でも、じゃあ誰が見てくれたのか、誰が遺体の確認作業をしたのか、誰が恐怖で震える身体の緊張を解したのか、歩行、腰痛、靴が無い痛み・・・理学療法の事を話しても知らない・・・まだまだです。

一度帰って国家試験の結果を確認をして合格!ヤッパリ嬉しい!!
東京の病院で働く事で臨床の大切さを実感しながらも この職業を
選んで良かったと思ってる。

しかし、一向に進まない復興支援。

何が足りないの?

政治への不満もだけど・・・協会への不満が溢れる寸前。
分かっているツモリだけど・・・情報を流すのが遅い!
流される情報は全てが知っているモノばかりで 新しいものが無く
いつ応援に来てくれるのか?何故動かないの?
こんな事を1人で感じながら活動再開!
勤務先にも幸い理解を得て2週間の期間の活動!
九州のある団体からの支援を貰い車椅子、リハ靴(マジック方式)杖、歩行器、オムツ、インソール材料、市販の薬、栄養補強品、その他)レンタルのタウンエースに積み込み(歩行器は運送屋)飛ばしました。車内には大好きな「湘南乃風・MEGARYU・嵐・」等を聴きながら飛ばしました。


何でそこまでするの? って思われるでしょうね・・・

そんな方は、自分の目で見て下さい。

今は、片付いた様でも当時の状況を見てあの恐怖に震える人達を見れば 医療に携わる医療従事者なら知らない振りなんて出来ません。
口だけやります、やりますって事は簡単な事。
行動しなければ同じ!
行動にも色んな事がある、募金、現地ボランティア、物資支援、なんでも良いんです。 無関心・・・これは医療従事者として許されない行為です。 書きたい事沢山あります!

夜、夢に出ます。 泣き叫ぶ人、キズだらけの遺体、食べる気力をなくした高齢者、歩くのに杖が無くトイレにも立たない人・・・

メディアで流れてる様に全てが満たされてる避難所だけではありません。 もっと現実を知って下さい。
そして、継続しなければいけないんだと理解して下さい。

これは、まだ理学療法士になったばかりの若造の体験です。
でも、この体験は一番の震災でも対応を完全に出来たと自分で自信になりました。

学校でも臨床の場面でも感じられない大切な体験でした。


               平成23年 6月3日
    
私はTwitter 千夏 @cocoro0608 さんの存在を運動連鎖アプローチ研究会の山本先生の紹介にて知りました。

とても新人とは思えない行動力です。

震災後、自分達に何ができるかわからず困惑している中で彼女の行動力は凄まじいものがあります。

仕事、生活があるから、ではなく目の前で生死の狭間で苦しんでいる人たちがいる、それを純粋に助けたい、何とかしたいという彼女の気持ちが行動としてあらわれたのでしょう。

そして、行動力も凄いですが、学生の頃から途轍もない程勉強していたそうです。


彼女の成し遂げてきたこと、彼女が残した功績はあまりにも大きいものでしょう。



そして、6月6日の夕方に彼女は亡くなったそうです。


知らない方の死というのはあまり身近に感じたことはありませんが、彼女の死は彼女に注目していた全ての人が衝撃的であったと思います。
私もその一人です。

私自身の人生、理学療法士としての在り方も考えさせられました。

ありがとう。


心からご冥福をお祈り致します。

2011.6.12
別窓 | 理学療法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

Transversus Abdominis

Transversus Abdominis(腹横筋)の機能

腹横筋の起始は第7-12肋軟骨の内側面、胸腰筋膜の深葉、腸骨稜の内唇、鼠径靭帯の外側、停止は腹直筋鞘の後葉(腹直筋の裏)、白線です。
白線は胸骨剣状突起から恥骨結合に付着します。

側腹部での筋の厚さは外腹斜筋が0.5cm、内腹斜筋が1cm、腹横筋が0.5cm。
内腹斜筋と腹横筋の筋腹の多くは胸郭の下縁と腸骨稜の間に存在し、外腹斜筋は側腹部の前下部と鼠径部には存在しません。

腹横筋

腹横筋は解剖学的な筋線維の走行の違いから上・中・下部線維に分けられ、上部線維は胸郭の安定性に関与し、中部線維は胸腰筋膜を緊張させ腰椎の安定性に関与し、下部線維は仙腸関節の安定性に関与します。(Urquhart,2005)

胸腰筋膜を介して腰椎安定化作用、自家製コルセット。(Hodges et al 1991)

この中部線維ですが、後方では胸腰筋膜に、前方では腹部筋膜に停止し、その筋膜系を介して腰椎骨盤の安定性に影響を与えます。また、胸腰筋膜の中層の線維は腰椎横突起に収束し、椎骨の動きは筋膜の長さの変化に関係し、筋・筋膜移行部を外側方向に引く事で前額面上の運動をコントロールし、この胸腰筋膜の緊張には腹横筋の収縮が関与します。

腰痛にて受診経験のある群では、腹横筋の収縮がみられても、胸腰筋膜を外側へ引くことができず、筋膜を介した脊椎の分節的安定性を得ることができない。(村上 2011)

筋連結は横隔膜、内腹斜筋、腹直筋とあります。

また、腹横筋は腸骨筋と筋連結は見られませんが筋膜および骨膜を介して行われている。腸骨筋の起始は腸骨窩とされていますが、腹横筋の腸骨稜内唇の起始部と同じ所より起始している。(坂本 2008)

若年者と高齢者との筋厚の研究です。

腹直筋(若年14.1、高齢8.0mm)、内腹斜筋(若年13.8、高齢5.8mm)、外腹斜筋(若年9.9、高齢5.1mm)、腹横筋(若年4.8、高齢3.9mm)大腰筋(若年35.7、高齢17.9mm)と脊柱起立筋(若年34.3、高齢14.1mm)。最も低下率が低かったのは腹横筋(19.0%)。体幹筋の加齢による筋厚の低下率には差があり、腹筋群の中では内腹斜筋が最も低下しやすく、腹横筋が保たれている。(市橋 2008)

歩行が自立している高齢者では、股関節周囲筋の中では小殿筋のような深部筋の方が加齢による筋萎縮が比較的少ない。股関節周囲筋と同様に体幹筋においても表層筋よりも深部筋(腹横筋と多裂筋)の方が加齢による筋萎縮が少ない。(太田2009)

腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋の筋厚は、加齢に伴って減少するが、腹横筋の筋厚は加齢変化が少ない。また、腹筋群の筋厚は体格要因による影響は少ない。(太田2011)

近年、腹横筋のトレーニングとして代表的なDrawingなどにおける腹横筋中部線維の筋厚変化に関して多くの研究報告がなされています。
今回はそれ以外のものでピックアップしてみました。
腹横筋の研究は以下の通りです。

円唇母音(u、o)は、口輪筋の活動を認め、その唇の形状により非円唇母音よりも口腔内圧が高まる。uとoを発声した際に、より腹横筋厚が大きくなることが示された。円唇母音であるu、oを選択的に発声することで、腹横筋エクササイズとしてより有効である可能性が示唆された。舌の形状よりも唇の形状が、腹横筋機能により重要な要素であると考えられた。(布施 2011)

10秒間の一定持続呼気において呼気中盤より終末にかけ腹横筋、内腹斜筋の肥厚が増加し、外腹斜筋では減少する傾向が見られた。先行研究では安静呼吸中での腹横筋の活動はなく、努力性の呼気終末において腹横筋の活動が高まることが報告されている。(峰岡 2008)

立位や支持面が不安定な爪先立ち位では、主として腹横筋の上部線維が作用し、腹横筋の線維間の機能分化が示唆された。(吉川2007)

慢性腰痛患者では上肢挙上に伴う腹横筋の筋活動が遅延する。(Hodges PW et al 2003)


『U』『O』の発声は高齢者でも使えそうですね♪

10秒間の呼気は高齢者になるときつそうですが、記載しているように努力性の呼気終末で腹横筋の活動がみられます。

高齢による腹横筋の筋萎縮がなくてもそれ以外のインナーユニットが欠損していれば腹圧を保つ事が出来ません。

腹横筋、横隔膜、骨盤底筋群、多裂筋と協調して働くことが大切ですね。

次は骨盤底筋群をアップしたいと思います。

別窓 | 理学療法 | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨

Diaphragm

Diaphragm(横隔膜)の機能

横隔膜は本来、頸部の筋に由来する為、頚神経によって支配されています。

横隔膜の筋線維は疲労抵抗性で持続運動に適しているType�線維が半分、収縮力が強く易疲労性で瞬発的運動に適しているType�B線維が約1/4で、それらの中間型Type�A線維が残りを占め、全体では速筋と遅筋の中間型になります。

高齢者の剖検例から、type�は萎縮しtype�はあまり変化がない筋は上腕二頭筋、上腕三頭筋、大腿直筋、前脛骨筋で、type�の方がtype�よりも萎縮する筋は横隔膜・肋間筋であると言われています。(東儀 1975)

また、横隔膜はアーケード状に血管が廻っており、血流は安静時には四肢筋の2倍、運動時には26倍に達します。

横隔膜4

横隔膜は肋骨弓の下縁(第7-12肋軟骨の内面)からなる肋骨部、第1腰椎前面から腹部大動脈の第1の腱様弓(正中弓状靱帯)と第1、2腰椎体から肋骨突起にわたる腰筋弓の第2の腱様弓(内側弓状靱帯)と第1、2腰椎の肋骨と突起から第12肋骨の先端に至る方形筋弓の第3の腱様弓(外側弓状靱帯)からなる腰椎部(右・左脚)、剣状突起の後面からなる胸骨部から起始し、中心腱に停止します。

横隔膜は肋骨弓を乗り越える事があります。横隔膜の一部の筋束が前腹壁及び横筋筋膜下層を横走する板状の腱弓で横隔膜脆弱部としてしられる胸肋三角を補完します。(圀府田 2002)

また、横隔膜には腹横筋、腰方形筋、大腰筋と筋連結があります。

内側脚の裂け目には大内臓神経、奇静脈、この裂け目の外側に小内臓神経が通ります。

腰椎部の内側脚と外側脚の間を交感神経幹が通り、腱中心は下大静脈、横隔神経の枝が通ります。

食道裂孔には食道、迷走神経が通り、大動脈裂孔には下行大動脈、胸管が通ります。

胸管は右上半身以外のリンパ液が集まるところであり、周囲の筋収縮を原動力として還流させ(周期的な管壁の収縮もあります)、鎖骨下静脈に流れ血液循環系と合流します。

この事から呼吸運動を行う事で横隔膜が食道、動脈、静脈、神経、胸管をマッサージすることが想定できます。

体幹前壁と後壁の連結、腹腔内圧のコントロール、同側回旋運動に関与しています。(Hodges PW)

横隔膜は横隔膜移動距離が良好な姿勢は両側臥位もしくは仰臥位であり、坐位は前者に比べると動きが減少します。(萩原 2010)

次回は腹横筋をアップしたいと思います。
別窓 | 理学療法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Harmony of the mind and the body | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。